メディックサイエンスの特色

メディックサイエンスの特色

特長1
当塾では、とことん生徒様の学力向上の為に寄り添うことをモットーとしております。
まず入塾の際の面談で生徒様のこれまでの経緯や学習状況を詳しくヒアリングし、
当塾独自の生徒様の傾向分析と、志望校の出題予想を基に、
何をどのような方法でどれ位やればよいかを具体的に分析し、カリキュラムを作成いたします。

その後も、日々変わる生徒様の現状を、普段の指導や月次カウンセリングを通じて常に把握し
その時々で最適な指導を提供し続けます。

生徒様の学力向上に懸ける想いは、他のどんな塾・予備校にも負けないと自負しております。
長年の指導で培ったノウハウを元に、常にその時・その時のベストの授業を行います。

当然ながら生徒様の疑問点は人それぞれ千差万別です。
これを読み取りその場で丁寧にわかりやすく解説することは、講師力の差が表れる点です。
当塾では講師が当塾設立前に指導した生徒様の声を掲載しておりますが、
そのご感想からも分かる通りこの点に強みを有しています。
何が分からないのか分からない。受験勉強をしていく中で、皆様何回かはそういった状態に陥ります。
その際にどこまで生徒様の思考を汲み取れるか、今何を考えていて、どこに突破口があるのか。
当塾はそうした基礎的な部分からの指導を得意としています。


特長2
合格のための最短の道筋を辿るためには、常に生徒様との密なコミュニケーションが欠かせません。
その点において、当塾では「相談しやすい」「質問がしやすい」ことには非常に強い自信を持っています。
以前所属していた予備校においては、常に当塾の代表は上記項目において満点を取っていました。
もちろん相談しやすいだけではなく、的確で分かりやすい回答も含めてのことと考えております。

そういった環境が整い、緻密な分析があって初めて合格への最短の道のりといえます。


特長3
入試問題は志望校ごとに出題傾向が大きく異なります。
したがって、志望校によって学習範囲の濃淡を調節することが、最短の道を辿る重要な要素ですが、
複数の生徒に同時に指導する場合、どうしても一つの大学に特化することができず、普遍的な学習となります。
この点が、個別指導が集団指導に勝る大きなメリットの一つです。

また、その中においても、入試問題を大きく3つに分類すると
-「落とせない必須問題」
-「合否を分ける問題」
-「解けなかったとしても合否にはほとんど影響しない捨て問」
に分けることができます。

入試は満点を目指すことがベストの戦略では無いことが多いですが、
どの問題をどの程度解いたら合格できるのかは、その時々の受験生のレベル等によって変わります。
自分がこれから解こうとしている問題がどれに当たり、どの程度解いたら合格ラインに至るのか
受験中に自分の現在位置を把握していることは、合格への大きなアドバンテージとなります。
当塾では過去の豊富なデータベースを用い、生徒様のこのような判断能力も育成します。


特長4
講師は代表のみ。代表以外の講師が教えることはありませんので、
引き継ぎがなされていなかったり、慣れない教師が来たり、、などのご心配は全く不要です。
また、何かご要望や疑問点などがあった場合も、スピード感を持って対応できます。


復習用の問題管理シート

受験勉強において何よりも大切なことは反復学習です。
– 問題の解説を聞いて「わかったつもり」⇒「時間が経ってから問いてみると手が止まる」という事態を防ぐために、復習用の問題管理シートをお渡しし、授業で解説した内容が定着するようにサポートいたします。
《サンプル》