個人的なオススメ参考書

個人的なオススメの参考書
どの参考書・問題集を使うのがベストなのか?は、生徒さんの現時点の学力や志望校群の傾向・取り組み始める時期などによって変わります。
今回の記事では数学模試の成績が偏差値45以上65未満の生徒さんを主な対象としています。
各分野ごとに数学力を効率よく引き上げるのにオススメの参考書を紹介します。
ⅠA
  • 《合格る確率+場合の数》
    • 出版社 文英堂
    • 著者 広瀬和之
  • 《改訂版 佐々木隆宏の 数学I「データの分析」が面白いほどわかる本 (数学が面白いほどわかるシリーズ》
    • 出版社 KADOKAWA
    • 著者 佐々木隆宏
ⅡB 数列とベクトルに苦手意識を持っている生徒さんへオススメする教材
  • 《入試によく出る 数列の弱点克服問題集》
    • 出版社 中経出版
    • 著者  斎藤祐介
  • 《入試によく出る ベクトルの弱点克服問題集》
    • 出版社 中経出版
    • 著者  斎藤祐介
  • 《数学II 高速トレーニング 指数編 (東進ブックス 大学受験 高速マスター)》
  • 《数学II 高速トレーニング 対数編 (東進ブックス 大学受験 高速マスター)》
    •  出版社 東進ブックス
    • 著者 大吉久馬
  • 《でるもん 三角関数》
    • 出版社 中経出版
    • 著者 斎藤祐介
数Ⅲ
  • 《サイト名(恋する数学)》
  •  
  • 《合格る計算 数学III》
    • 出版社 中経出版
    • 著者 広瀬和之
  • 数IIIの積分計算が面白いほどわかる本 
    • 出版社 中経出版
    • 著者  池谷哲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です