いちばん大事なのは取り組むスタンス

何とか楽をして医学部受験の数学を乗り切りたい、というスタンスで考える人が大きく数学の力を伸ばすことは難しいです。
楽に、受身の姿勢だけで乗り切ろうというスタンスだと結果として多くの予備校を転々とすることが非常に多いです。
いろいろなタイプの生徒さんを見ていて、『以前と比べてかなり伸びているな』と感じる生徒の共通点は、時間がかかることは認識した上で、それでも地道にコツコツ取り組むんだという強い意思をもっていることです。
本当に「数学の力が以前と変わった」というのはコツコツと学習を積み重ねることでしか起こらず、ある日突然変わるということはありえません。
たとえ、そのように見えたとしてもそれまでにある程度の蓄積があるということです。
勉強に関してもともとそれなりに蓄積のある人が、参考書や動画授業などを見てさらに数学の成績が上がる、ということはありますが、それまで全く積み重ねのない人が授業や参考書を見ただけ・聴いただけで突然成績が上がるということは
ありません。
本当に自分の数学の力を底上げしたいのなら、この点に注意するべきです。大前提として、自分で《書きながら》コツコツと取り組むことスタンスがあって、その補助ツールに塾やら予備校やらがあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です